FC2ブログ

小山芳元通信

こんにちは!新潟県議会議員小山芳元です。ホームページは都合により更新できなくなったため、ブログ開設で情報発信します。詳細なプロフィールや政治信条などは、ホームページをごらん下さい。
2020/04/07(火)
【新型コロナウィルス対策に関する緊急要請】
4月6日、社民党新潟県連合は、花角知事(当日は花角知事不在のため、佐久間副知事)に医療、検査体制の強化をはじめ、次の緊急要請を行いました。(主な内容)

(政府へ)
①各都道府県の独自対策に向け、各100億円の一律支給を。
②雇用調整助成金の10割への引き上げを。
③自粛要請に対する売り上げ減の最低8割保証を。
④全国民に10万円の一律支給を。

(県へ)
①軽症者等には、自宅でなくホテル等を借り上げての隔離と、陽性から陰性になった退院者も、同施設で一定期間の隔離を。
②ドライブスルー方式で、疑わしい人はどんどんPCR検査を。
③中小零細企業への無利子の緊急融資を。
④学校休校判断は、学校及び県教育委員会の責任で。
⑤内定取り消しなどは行政指導を行い雇用を守ること。
など………。
新コロ対策知事要請
スポンサーサイト



2020/04/06(月)
穏やかな天候となった週末の土曜日、新コロ対策の密集、密閉、密接を避けて、地元「大潟水と森公園」を、恒例の一時間の🏃‍♂️。
桜の花も満開で、水芭蕉も咲き、白鷺(?)も悠然と水面に。
新コロを避けるにふさわしく、多くの家族連れ(密集にはならない)と、子どもたちの遊ぶ光景が☀️
水と森公園1 水と森公園2

水と森公園3 水と森公園4



2020/03/30(月)
【未来にいがた県議会報告・新聞折り込み】
3月29日に新潟日報朝刊に、「未来にいがた県議会報告」を折り込みました。
ご一読頂き、ご意見・ご要望をお寄せ下されば幸いです☺️
未来にいがた県議会報告1

未来にいがた県議会報告2

2020/03/22(日)
三連休も、新型コロナウィルスの影響でどこにも行けないため、糸魚川市の孫が遊びに来て、コロナウィルスを吹っ飛ばすほどの賑やかさです☺️
糸魚川の孫1
2020/03/20(金)
【新潟駅前で県政報告】
2月17日から始まった県議会、3月19日に終了、恒例の「未来にいがた」の街頭における県政報告を新潟駅前で行いました。
私・小山は「未来にいがた」の代表として
◎新型コロナウィルス対策の強化 
◎新型コロナウィルス対策の強化
◎これでよいのか危機的な財政対策
◎自民党のわがままを、数の横暴で通した予算修正案
等々を市民に訴えました。

また、「未来にいがた」の執務員の送別会も行いました。長い間、ありがとうございました☺️
街頭1 街頭2
街頭3

2020/03/20(金)
新型コロナウィルスの感染拡大で、歓送迎会などの中止から、花屋さんも大打撃。
「未来にいがた」会派の県議、皆で協力して購入しました🌱🌷🌱
チュウリップ

2020/03/13(金)
【へき地病院は市町村移譲でよいのか‼️】
県財政の危機的状況と合わせ、県立病院の運営危機から、松代、柿崎、妙高、津川のへき地病院の市町村譲渡が進められています。

県立で運営できないものを、県より財政力の小さい市町村で運営ができるはずはなく、快く引き受けるところはどこにもありません。

市町村からの負担も頂くなど、様々な手法を検討し、あくまで県立県営で地域医療を守るべきであり、加えて住民を巻き込んだ議論を最優先すべきでないかと、連合委員会で花角知事に質しました。

知事は、小山議員の指摘も踏まえつつ、市町村と役割分担のあり方を検討し、住民の理解を得る努力を行っていくとのことでありますが、あくまで県立でなく、市町村譲渡を優先していく姿勢であります。
小山写真D

2020/03/13(金)
【県独自の活断層調査は否定的】
柏崎刈羽原発直下、周辺には、専門家や一帯の石油採掘を行った関係者は、活断層の存在を認めており、直下には23本の断層の存在、活断層と同じ成分の火山灰が周辺で確認されています。

しかしながら東電は、活断層の存在を一貫して否定し、原子力規制委員会はその判断を追認しています。

活断層の存在に不安を持つ県民の声を代弁して、議員が議会の場で、断層の正しい評価を県独自に調査して欲しいと求めていることから、応えるべきでないかと連合委員会で、花角知事に再三質しました。

知事は、疑問が残る点については、技術委員会で確認していただくとして、県独自の調査には否定的であり、県民の不安に応えない姿勢には、極めて残念であります‼️
小山写真C

2020/03/13(金)
【地下式フィルタベントも完成必要】
福島原発事故から9年が経過、地域一帯に降り注いだ放射性物質は、今なお深い傷跡を残しています。
世界最大規模の原発を抱える新潟県で、二度とあのような大惨事を引き起こしてはならないとの思いから、毎回、原発問題を追求しています。

県と東電の約束「地下式フィルタベント」の設置について、東電が自主設備と位置付け、原子力規制委員会の審査対象外となっていることから、再稼働とは別問題とする東電の姿勢が見え見えでありました。

これまでの県の姿勢も、再三の質疑でも明確にならないで来ました。
このため、今議会の連合委員会で、徹底的に花角知事に喰い下がり、再三再四の質疑を繰り返しました。
ようやく知事から、再稼働の是非を判断する前に、「地下式フィルタベント」が完成・検証されなければならない旨の答弁を引き出しました‼️

今後も、県民の安全・安心のため、全力投球していきます‼️
小山写真A   小山写真B
/yosimotoseagreen/20200313144717c35.jpg" alt="小山写真B" border="0" width="464" height="960" />



2020/03/12(木)
【春は足下に】
県議会1日のスケジュールが終わって、白山公園を中心にウォーキング🚶‍♂️
春が足下に来ているのを実感しました。
1日も早く新型コロナウィルスが収束し、本格的な春を迎えたいものです🌱🌷🌱

 | Copyright © 小山芳元通信 All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド