FC2ブログ

小山芳元通信2010年02月01日

こんにちは!新潟県議会議員小山芳元です。ホームページは都合により更新できなくなったため、ブログ開設で情報発信します。詳細なプロフィールや政治信条などは、ホームページをごらん下さい。
2010/02/01(月)
 2月1日、社会民主党新潟県連合、および社会民主県民連合県議団は、泉田知事に2010年度新潟県予算編成に対する提案・要望を行いました。
、冒頭、私、小山が代表して、要望提案書は多くの県民の声をまとめたものであることから、新年度予算編成に当たっては、県民起点に立って是非とも考慮戴きたいことを主張し、44項目の提案を盛り込んだ要望書を手渡しました。


【国政に対する提案・要望】
1.地方要望に対しては、民主党幹事長の窓口一本化でなく、地方の声を十分に国政に反映できる仕組みの保障と、真の地方主権の確立を求めること。
2.国直轄事業負担金の全面的廃止を求めること。
3.効果的かつ迅速な経済対策と、雇用のセーフティネットの構築、派遣社員を禁止する労働者派遣法の抜本的な改正を求めること。
4.地域が主体性をもって適切な公共事業が推進できる、新たな交付税措置の措置、拡充を求めること。
5.農業戸別所得補償制度の本格的導入に当たっては、国の責任においた全額国費負担を維持することを求めること。6.地域偏在を解消する医師の確保と、医療現場の勤務条件の改善を求めること。
7.並行在来線の地方負担の軽減に向けた新たな仕組みの構築を求めること。
8.原発の安全性を求め、経済産業省からの原子力安全・保安院の分離独立を求めること。
9.水俣病の潜在患者の発掘強化と二重基準の解消を求めること。
10.外交交渉を基本にした拉致問題の早期解決を求めること。


【県政に対する提案・要望】
1・行財政運営
 *定員適正化計画は職員団体との協議を *入札制度の透明化 *過疎地対策の拡充 など5項目
2.産業政策
 *雇用対策の強化 *大和デパート撤退問題対策 *通年型観光振興 *地元建設業支援と公契約条例の制定
 *農業基盤整備の促進 *農林水産業の振興 *企業誘致の推進

3.交通政策
 *北陸新幹線への適切な対応 *並行在来線対策の強化 *北越急行対策の強化 *上越新幹線対策の強化
 *小木直江津航路の2隻復帰 *新潟港のスーパー中枢港湾、直江津港の振興策 *佐渡羽田空路は慎重に

4.福祉・医療政策
 
 *魚沼基幹病院の住民意見の反映 *公立病院の維持・存続 *医師・看護師不足対策の強化 
 *子ども医療費助成の通院への拡充 *障がい者支援の充実強化

5.環境・防災対策
 *県民防災教育の充実 *原発の徹底した安全対策 *水俣病のきめ細かな施策推進 *積極的な温暖化対策
6.教育行政
 *学力調査は本来の目的に沿うように +教職員の精神疾患者対策の強化 *いじめ・不登校対策の強化
 *少人数学級の拡充 *私学助成の拡充
 *特別支援教育の整備(旧吉川高校設置の高等部への通学、給食・寄宿・職業訓練対策)


※知事からは、県が対応しなければならない必要性の高い指摘であるとして、個々の重点項目に対する見解を述べつつ、基本的には方向性は同じであることから、しっかり取り組んでいく旨の姿勢が示されました。

県予算要望A
スポンサーサイト



 | Copyright © 小山芳元通信 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド