FC2ブログ

小山芳元通信2010年03月10日

こんにちは!新潟県議会議員小山芳元です。ホームページは都合により更新できなくなったため、ブログ開設で情報発信します。詳細なプロフィールや政治信条などは、ホームページをごらん下さい。
2010/03/10(水)
 3月9日、外務省有識者委員会は、「核密約」があったことを明らかにしました。
 「核密約」問題は、前々から公然の事実となっていたにもかかわらず、これまで自民党政権は一貫して否定し、国会で平然とうその答弁を繰り返してきたわけであり、このことに怒りを覚えるとともに、国民の信頼を大きく損ねるものであると指摘せざるを得ません。

 政府は、事前協議の申し出がないことを理由に、日本に核搭載艦船の寄港はないと否定していましたが、横須賀港や佐世保港に寄港していたことは間違いなく、唯一の被爆国日本の国是である「非核三原則」に、明確に抵触するものであります。

 当時の諸事情からやむを得ない一面はあると思いますが、歴代総理や外相は、事実を事実として受け止めて国民に謝罪し、自らの責任に正面から向き合う姿勢が必要があるにもかかわらず、「日本の安全を守ることにつながった」などと、正当化させ開き直る姿勢は極めて遺憾であります。

 今回、表面化したことは政権交代の成果であり、情報公開を掲げる鳩山総理の姿勢の表れであり評価するところでありますが、『パンドラの箱』を開けたことで目的達成(終わり)にしてはなりません。
 これを契機に、将来にわたって国民が納得できる、核を持ち込ませない枠組みを創らなければならず、そのためにも「非核三原則」を法制化させることが必要であると考えます。

「非核三原則の法制化を求める意見書」自民・民主の反対で否決!
 私は、昨年9月県議会において、外務省OBや米国関係者が「核密約」の存在を証言していること、新潟港にも頻繁にイージス艦が寄港していることから、「非核三原則の法制化を求める意見書」を、私も含め8人の県議の連名で提出しましたが、自民党はもとより、民主にいがた等に反対され、不採択となってしまい極めて残でありました。
 「核密約」が明らかになったいま、日本の国是を守るため、県議の皆さんの真摯な対応を求めるものであります。


『パンドラの箱』とは?
ギリシャ神話の中に、ゼウスとパンドラという人物がいました。
ゼウスは神々に呼びかけ、様々な贈り物をパンドラに与えました。
その贈物の中に決して開けてはならない『箱』がありました。
しかしある時、パンドラは禁を破って『箱』を開けてしまう……
すると『箱』からは、『すべての悪』が飛び出していきました。
それは、病気、悪意、妬み、憎しみ、偽善、保身、悲しみ、飢え、暴力、狂気……

これがギリシャ神話に出てくる『パンドラの箱』の話です。 
スポンサーサイト



 | Copyright © 小山芳元通信 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド