FC2ブログ

小山芳元通信2010年10月01日

こんにちは!新潟県議会議員小山芳元です。ホームページは都合により更新できなくなったため、ブログ開設で情報発信します。詳細なプロフィールや政治信条などは、ホームページをごらん下さい。
2010/10/01(金)
約159億円の追加補正
 9月28日から10月15日までの18日間の会期で9月県議会が開催されています。
 158億7,295万4千円の増額補正予算が提案され、現下の経済・雇用情勢を踏まえた県内産業・企業に対する支援策などが盛り込まれています。
 また、県が行う建設事業に係る事務費に対して、市町村負担を原則対象外とする議案、県立吉川高等学校特別支援学校の設置をするための議案、新潟東部太陽光発電所の電気事業関連議案、出会い系喫茶の営業禁止に向けた条例改正議案などが審議されます。

菅総理 005


小山・10月4日に一般質問
 私は、10月4日の午後2番手に一般質問を行います。主な質問内容は次の通りであります。
1.雇用問題について
(1) 緊急雇用創出事業交付金」および「ふるさと雇用再生特別交付金」事業による雇用創出成果は。
(2) 本県の地理的条件や地域経済の特性を加味し、本県独自の中長期的雇用対策を戦略性をもって行うべき。
(3) 学校現場で働く臨時教職員の正規雇用を図るべき。

2.新幹線・並行在来線問題について
(1) 政府与党合意の見直しに一歩踏み込んだ取り組みの強化を。
(2) JRが支払う線路貸付料問題は、本県の単独行動でなく関係各県が一体となり連携して取り組むべし。
(3) JR東日本が信越本線脇野田駅移設事業を引き受ける条件の一括在姿譲渡は大きな問題。
(4) 本県は各県1駅への全列車停車を求めているが、あらゆる局面を想定した資料を策定し県民に開示を。
(5) 自治体先行による第三セクター立ち上げは急ぐのでなく慎重を期すべき。
(6) 「上下一体方式」でなく、「上下分離方式」で並行在来線維持を第一命題とする県の姿勢を示せ。

3.シイタケ生産事業について
(1) 法に抵触していると思われる実態調査結果と、県行政の責任をどう受け止めているか。
(2) 県行政が取り組んだ事業に大きな落とし穴があったのではないのか。
(3) 産地間競争に打ち勝つための県の支援・指導強化を。

4.海岸侵食対策について
(1) 直江津港西防波堤の延長によるヘッドランドから以東の大潟・柿崎海岸にかけてのモニタリング調査結果は。
(2) 国の財源と合わせ火力発電所にも負担を求め、大潟・柿崎海岸に継続したヘッドランドを国に求めよ。
(3) 離岸堤は誰が見ても一番の効果、大潟・柿崎海岸に順次計画的な離岸堤の設置を。
(4) ヘッドランド間の養浜効果の検証を。
(5) 茨城県鹿嶋海岸の砕石の投入養浜は大きな効果、本県でも導入の検討を。

5.原発問題について
(1) 7号機で通常の2100倍にまで上昇した放射能漏えい、即時運転を停止させた調査を求めるべき。
(2) 2100倍の放射能漏れを発表した東電に、原子力安全・保安院がクレームつけたのは遺憾、抗議を。
(3) 1号機の営業運転に対し、知事がが事前の「了承手続き」をしない姿勢は問題。
(4) 事前審査が段々と簡略化されてきていることは遺憾、地元了解と手続きのルール化を。
(5) 県技術委員会に住民との論議も重要な任務と位置付け、県技術委員会に住民代表も加えるべし。

菅総理 006

 本会議場での最多質問・提言回数の発言力で、県政課題、地域問題に対し知事に鋭く迫ります。是非とも傍聴して下さい。



スポンサーサイト



 | Copyright © 小山芳元通信 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド