FC2ブログ

小山芳元通信2010年11月

こんにちは!新潟県議会議員小山芳元です。ホームページは都合により更新できなくなったため、ブログ開設で情報発信します。詳細なプロフィールや政治信条などは、ホームページをごらん下さい。
2010/11/24(水)
衝撃的な北朝鮮の砲撃
11月23日、北朝鮮が韓国領の大延坪島に数十発の砲撃がいきなり行われ、打ち込まれた民家が炎上するという衝撃的なニュースが報道されました。韓国軍が80発の砲撃で応戦したとのことであり、韓国兵や民間人に死傷者を出したとのことであります。

南北両方の自制を求める
北朝鮮も韓国領と認め、民間人が生活している島への軍事攻撃は、明らかに朝鮮戦争の休戦協定に反する正当性を欠くものであり、昔であれば即戦争となる事態であります。
 今春、北朝鮮の魚雷攻撃によるものと思われる韓国海軍の哨戒艦が沈没する事件が発生し、40数名の韓国兵が死亡するなど南北関係の緊張感が一段と高まっている中、今度は民間に攻撃を加えられたことから、韓国の出方が大変気になるところであります。
 事態をこれ以上悪化させないよう、お互いが挑発行為を行わないなど、南北両方の自制を強く求めるものであります。


国際社会の連携した対応を
仮に、今回の北朝鮮軍の韓国領砲撃が、後継者の金正恩への権力移譲の権威の誇示する計画的な行動であるとすれば、常識を逸脱した国際社会の秩序を乱す、これ以上ない暴走であり危険な考えであります。
 北朝鮮の友好国である中国が、北朝鮮の非を認めさせ責任を取らせるよう、しっかりと指導力を発揮してもらいたいと同時に、国際社会が連携してあらゆる外交的措置を講じるなど、これ以上事件が拡大しないよう対策強化を図って欲しいと望むところであります。
 

Before  | Copyright © 小山芳元通信 All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド