小山芳元通信2011年01月

こんにちは!新潟県議会議員小山芳元です。ホームページは都合により更新できなくなったため、ブログ開設で情報発信します。詳細なプロフィールや政治信条などは、ホームページをごらん下さい。
2011/01/28(金)
 民主党政権が進める幼稚園と保育園の一体化について、12月県議会で自民党から慎重な対応を求める意見書が提出されました。
 自民党時代から論議がされていた問題でありますが、縦割り行政、族議員の抵抗などから進展しないできた問題であります。
 幼稚園と保育園の一体化は、これまでの保育行政から多様な事業主体が参入できることになります。
 企業は収益を上げなければならないことからすれば、利益目的の企業参入は大変不安であり、当然、利便性を図ることで、保育業務が休日・早朝・夜間に拡大することにもなり、保育士の労働条件も大きな問題になります。
 また、入所に当たっては、これまでの副祉行政と異なり施設と保護者の直接契約となることから、低所得者は保育費が負担できなくなる事態も想定されます。
 このように幼保一体化は余りにも問題が多く、時間をかけた十分な議論と、国民の前に問題点をオープンにする必要があり、慎重な対応を求めるのは当然であることから、私は本意見書に賛成をしました。

賛成=小山、自民党、他  反対=民主党、他
スポンサーサイト

 | Copyright © 小山芳元通信 All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド