FC2ブログ

小山芳元通信2011年03月15日

こんにちは!新潟県議会議員小山芳元です。ホームページは都合により更新できなくなったため、ブログ開設で情報発信します。詳細なプロフィールや政治信条などは、ホームページをごらん下さい。
2011/03/15(火)
東日本大震災、心から哀悼の意とお見舞いを申し上げます
 東日本大震災で犠牲になられました方々に、心から哀悼の意を表しますと共に、被災者の皆様に心からお見舞いを申し上げます。

 県議会で原発の安全性をめぐる指摘をし続けているのは、ほとんど私1人といっていいほど、これまでの県議会の場で毎回のように、原発の安全・安心を求めて質問を展開してきました。
 そうした指摘が、今回の東日本大震災で被災した東電福島原発で現実のものとなりました。本県の柏崎刈羽原発の二重、三重の対策は大丈夫なのか、多くの県民が心配するところであり、そうした声が寄せられます。
 このため、3月14日、緊急に知事あてに申し入れを行いました。

日時  2011年3月14日
宛先  新潟県知事  泉 田 裕 彦 様
申入者 社会民主党新潟県連合  代表 桝 口 敏 行
    社会民主県民連合県議団 団長 小 山 芳 元
題名  原子力発電所に関する緊急申し入れ


 3月11日、日本列島を震撼させたマグニチュード9という過去最大規模の東北地方太平洋沖地震は、東京電力福島第一原発に甚大な被害を与え、なおかつ、この先も極めて予断を許さない状況にある。
 地震で自動停止した後の原発で、緊急炉心冷却システムの不全、放射性物質を含む蒸気の外部放出、炉心溶融、建屋の爆発、海水注入、周辺住民の被爆と重大な事象が起きていることは、深刻な事態である。
「止める」「冷やす」「閉じ込める」の原発の三大安全原則も吹っ飛び、もはや想定外の繰り返しでは片付けられず、「日本の原発は万全だ」という国民の原発への考えを決定的に変え、「安全神話」は完全に消えた。
本県においても、中越沖地震で柏崎刈羽原発が震災し全号機が運転停止し、その後、一部を残し順次運転再開がなされてきているが、この間の経過はトラブル続きであり、決して安全・安心というような状況での運転再開には至っていない。
 よって、今回の東北地方太平洋沖地震による、東京電力福島第一原発の被災実態を踏まえ、下記事項を的確に対応するよう緊急に申し入れる。

申し入れ事項
1.国、東京電力に対して、柏崎刈羽原発を即時停止させ、改めて、廃炉も含め全号機の詳細の見直しを行うことを求めること。
2.的確で素早い情報提供が必須であるにも関わらず、原子力安全・保安院、および政府、東京電力の対応は、中越沖地震で被災した柏崎刈羽原発の教訓が生かされていないことから、重大な局面における情報伝達の徹底を、関係機関に強く求めること。
3.昨年の原子力防災訓練は、複合訓練に当たって国が難色を示したことにより「地震」から「豪雪」に変更し、県民の批判を浴びたことの反省を踏まえ、改めて「地震との複合災害」を想定した原子力防災訓練を早期に行うこと。

小山の緊急提言
 柏崎刈羽原発の被災に引き続き、福島原発の被災は、原発の安全対策の全面的な見直しなどという次元ではなく、地震と原発の安全性に根本的な疑問を投げかけました。地震列島の日本における、原発利用のあり方そのものを問い直さなければなりません。


2月県議会、小山よしもとの県議会質問が録画中継されています。ぜひクリックしてご覧下さい。
新潟県議会トップページ ⇒ 定例会等の録画中継(右下にあります) ⇒ 5番目に小山のところがあります。
スポンサーサイト



 | Copyright © 小山芳元通信 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド