FC2ブログ

小山芳元通信2011年08月21日

こんにちは!新潟県議会議員小山芳元です。ホームページは都合により更新できなくなったため、ブログ開設で情報発信します。詳細なプロフィールや政治信条などは、ホームページをごらん下さい。
2011/08/21(日)
社民党「脱原発」への行動展開中
 福島第一原発事故から6か月になろうとしていましが、事故は収束を見せるどころか予断を許さない状況下が続いています。 社民党は、原発が語られた時からその危険性を指摘し、大事故の可能性を訴えてきました。原発の「安全神話」が崩壊した今回の福島第一原発事故を踏まえ、「脱原発社会」を目指すアクションプルグラムを策定し、それに向けた取組みを強化しています。

さようなら原発上越集会に多くの市民が
 8月19日、市民プラザで「さようなら原発上越集会」を開催しました。事前の問い合わせが殺到したことに象徴されるように、当日は予定規模を上回る多くの市民が集まりました。
 私、県議小山芳元は、「脱原発社会に向けた基礎知識」と題したパワーポイントを使っての講演を行い、原発はなくても大丈夫、国、電力会社の誇大宣伝に惑わされてはいけないと主張し、出席者から共通認識を持って戴きました。
 そして、福岡勤労協藤岡郁夫事務局長が、「現地、福島で何が起こったか」と題して、マスコミの報道されない多くの犠牲者が出ている惨状と、次世代のためにも原発をなくさなければならないとの切実な訴え、出席者の心を大きく揺れ動かしました。
 その後、脱原発への署名運動を提起し、大成功のうちに終了しました。 

あらためて柏崎刈羽原発へ調査
 社民党は、世界最大出力規模の原発が立地しており、過般の中越沖地震で被災した柏崎刈羽原発を改めて検証すべく調査に入ることになりました。
 9月2日、福島みずほ党首を筆頭に、服部良一衆議院議員、新潟県連合代表の小山芳元県議会議員、長部登県議会議員、それに高橋・矢部両柏埼市議会議員、柳沢周治上越市議会議員、他社民党役員が参加します。
柏崎原発調査 中越沖地震被災の調査時の写真

泉田知事に再稼働に同意しないよう要請予定
 13時から1時間位の予定で柏崎刈羽原発に入り、東電幹部と懇談・要請行動を行います。その後、品田刈羽村長、会田柏崎市長と時間をずらして相次いで懇談を行い、最後は泉田県知事と懇談、定期点検後の再稼働に同意しないよう要請する予定であります。
知事への予算要望ブログ用 005 予算要望時の写真

「原発はなくせるアクションプラン」県民集会
 また、翌日9月3日(土)には、午後1時半より新潟市内の新潟会館で「原発はなくせるアクションプラン」県民集会を開催する計画となっています。
 9月3日(土)午後1時半より
 * 講師 服部良一衆議院議員(社民党原発事故等対策本部事務局長)
 *「さようなら原発1000万人署名運動」中間集約
スポンサーサイト



 | Copyright © 小山芳元通信 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド