FC2ブログ

小山芳元通信2013年01月

こんにちは!新潟県議会議員小山芳元です。ホームページは都合により更新できなくなったため、ブログ開設で情報発信します。詳細なプロフィールや政治信条などは、ホームページをごらん下さい。
2013/01/01(火)
 新年、明けましておめでとうございます。(とてもおめでとうと言う気持ちになれない年明けですが、決まり文句で挨拶します)毎日が多忙でブログも間隔が空いてしまいました。
 
「脱原発」の民意は変わらない
 昨年末の総選挙で自民党が復権したことから、電力会社や経済界など原発推進派が勢いづいてきました。しかし、福島原発事故は、長年「原子力ムラ」の利権に群がり、原子力政策を推し進めてきた自民党に最大の責任があるものであり、自民党になったら原発が急に安全になるなどの方程式はありません。
 私たちは、核とは共存できないことを、福島原発事故で知ったはずです。にもかかわらず「のど元過ぎれば熱さを忘れる」かの如く、復権した自民党は、世論とかけ離れ、原発の再稼働や新増設など、なし崩し的に原発推進へと舵を切っています。
 原子力規制委員会は、大飯電発(1人だけ慎重であるが)、敦賀原発、東通原発の直下や敷地内の断層が活断層であることを、専門家が一致して判断しました。これに対して、電力会社や立地自治体の長は活断層でないと主張していることは、極めて見苦しいものであります。
 こうした情勢下、原発推進したい余りに自民党が、原子力規制委員会に圧力をかけたり、政治主導で原発の再稼働させる懸念が強まっています。 
 総選挙での自民党の大勝結果は、自民党の得票が40%であるにも関わらず80%の議席を得て、そのため一方では多くの死票がでるなど、小選挙区制度の弊害が如実に表われたものであり、決して原発推進を支持したり、再稼働を認めたものではありません。
 今年も、「脱原発」に向け全力で行動していきます。

暮らしと平和の先頭に
 自民党、日本維新の会、みんなの党、それに民主党の中枢は改憲論者であり、憲法9条改正、集団的自衛権の行使(米国が戦争すると日本も参加する)を主張しており、安倍自民党総裁は自衛隊を国防軍にするなどの政策を掲げており、日本の政治がどんどんと右傾化していく情勢下にあります。
 次代を担う子どもたちの将来が平和で安心できる社会であるために、こうした危険極まりない政治の右傾化に、何としてでも歯止めをかけなければなりません。
 今年も暮らしと平和を守る先頭に立ちます。
 

Before  | Copyright © 小山芳元通信 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド