FC2ブログ

小山芳元通信2013年06月

こんにちは!新潟県議会議員小山芳元です。ホームページは都合により更新できなくなったため、ブログ開設で情報発信します。詳細なプロフィールや政治信条などは、ホームページをごらん下さい。

2013/06/23(日)
ドイツの「脱原発」視察② 
  視察日 2013年4月
ドイツのグライフスバルト原発での解体作業、解体された放射性廃棄物は中間貯蔵施設の中で管理、最も危険な使用済み核燃料は、プール冷却後ドライキャスターに収納して、最終処分場がないことから同じく別の中間貯蔵施設に保管し、この先何十年、何万年も監視し続けなければならないという実態を目の当たりに見て、矛盾に満ちたトイレなき原発政策を改めて実感してきた。
 いま全国の原発は、たまりにたまった使用済み核燃料でパンク寸前であり、柏崎刈羽原発は後4年で満杯、日本全体の原発も平均で8.1年で満杯になり、おのずと廃炉に向かうしかない。
 原発を稼働しても廃炉にしても危険が伴うことから、廃炉の決断は早ければ早いほど、国民の負担や危険が少なくて済む。
 (表は、使用済み核燃料のストックできる年数)
核のゴミ

Before  | Copyright © 小山芳元通信 All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド